FC2ブログ
    援助交際めちゃはめムービー

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    緊縛実験シリーズ 縄抜け編8

    縄抜け編8

    モデル:ゆきな

    縛り方:菱縛り



    今回の縛り方は実験堂さんには珍しい、菱縛りです。

    菱縛りはよく亀甲縛りとも言われますが、正確な亀甲縛りとは縄で作られる形が亀の甲と同じ六角形だそうです。



    今回の作品は、まず縛られていない状態の映像が映し出されます。



    その後、立った状態で縛りの状態を見せてくれます。



    う~ん、ホレボレする綺麗な縛りです。

    そして、ベッドに寝た後に縄抜けスタートです。



    仰向けの状態でもがいたり、うつぶせになったりして縄抜けを試みます。



    が、緩む気配もありません。

    動画の終盤では背中の縄に指が触れることに気づき、指で縄を解こうと試みますが…

    縄抜けは果たして成功するのでしょうか?




    総評:

    モデルは美形のゆきなさんです。

    菱縄で胸も強調されています。


    菱縛りは見た目にも美しい縛りで、しかも実用性がある縛りだと思いました。

    緩む気配もありません!


    まあ、縄が緩まないのは縛り手の技量も関係するのでしょうが。

    私的には縛りとモデルが際立つ見ごたえのある作品なのですが、縛りが最初から最後まで同じというのと、全画面にしたときの画像の粗さが気になる方は気になるかもです。



    モデル: ★★★★★
      縛り: ★★★★★
      動き: ★★☆☆☆


    緊縛委員会

    続きを読む

    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    緊縛実験シリーズ ローター編 7

    ローター編7

    モデル:ゆきな

    縛り方:高手小手縛り



    最初に恒例の、今回の緊縛姿お披露目から始まります。

    上半身は後ろ高手小手縛り、下半身は膝と足首を両足を揃えて縛られています。

    まずは後ろ高手小手縛りで縛られ、立った状態で胸や股に仕掛けられたローターへの反応を見る実験です。

    縛りの状態を見せる場面の後に、まずは胸のローターが入れられます。

    感じているのか、感じていないのか、微妙なところです。




    やはり、実験後のインタビューが欲しいです。

    しばらくしてから股のローター弱が入れられます。

    今度はあきらかに感じているのが分かります(〃▽〃)ポッ

    腰をモゾモゾと動かし、上半身が揺れます。

    時折、縛られている自分の姿を見ているのがかわいく感じました。



    その後、中を経て強と股ローターの強度が大きくなっていきます。

    反応も比例して大きくなっていきます。



    声はあまり出さないモデルさんですが、ローター強になったときに少し声が出ました。

    また、一旦ローター切になりすぐにローター強となったときも、短い声が出ました。

    声を出さないモデルさんの声が出るポイントを探すのも、私は好きです。




    次は、ベッドの上でのローター反応実験です。

    立った状態からベッドに寝るまでの工程も撮られているのですが、モデルさんがベッドに寝ようとしている途中で股ローター弱が入り、思わずモデルさんが「あっ…」と言うところも見逃せません。

    その後は、胸ローターは入のまま股ローターが弱・中・強・切と強さが何度か変えられ、それに対する反応を見ます。



    途中で股ローターが切になったとき、モデルさんの胸呼吸が激しくなっていましたが、ずっと縛られてローターで感じさせられ疲れていたのでしょうか、それとも感じていた余韻なのでしょうか。




    場面は変わり、コブ付縄での刺激の実験です。

    胸ローターは入で、股にはコブ縄が通してあります。

    そのコブ縄を前後させてモデルさんが感じるかを見るという、実験堂さんには珍しいAV要素の強い実験です。



    画面からは気持ちいいのか痛いのか、はっきりと読み取ることはできません。

    実験堂さん、質問プラカードに○×の札や首振りで答える形式でも良いので、やはり実験後のインタビューが欲しいです!

    今思いついたのですが、「感じましたか?」などの質問に縛られたままのモデルさんに○×の札を上げてもらったり、○×を書いた床の場所まで移動したりするのはいかかでしょう?




    次の実験は、縛られた状態でベッドの上に寝た状態から立ちあがり、ドアまで移動してドアのノブを回してベッドに戻ってくるという動作を、ローターの有無で行う実験です。

    両足拘束有りと無しの実験がありますので、

    ・両足拘束、ローター無
    ・両足拘束、ローター有
    ・両足自由、ローター無
    ・両足自由、ローター有

    の実験があります。


    ローターの刺激での動きの違いも興味深いのですが、私的には縛られた状態で移動してドアを開けるという、DID的なシチュエーションが見所でした。




    最後の実験は縛られた状態での運動です。

    足は縛られておらず、屈伸とジャンプをします。

    それぞれローター有り無しの状態で実験します。

    縛られて運動をするという、普段ではまずお目にかかれない特殊な映像が楽しめました。





    総評:

    胸が大き目で、顔は美形なモデルさんだと思います。

    やはり美形なモデルさんだと、作品も見ごたえがあります。

    しかも立ち・寝・コブ縄・歩き・運動と、充実した内容の作品で、実験堂さんのどの作品を見ようかなと思われている方にはお勧めの作品です。

    強いて気になった点を言えば、上半身の縛りが最初から最後までずっと一緒なので、途中で縛りが変わるとさらに良かったのかなと思います。

    また、昔の作品なので全画面で見ると画像の粗さが目立ちます。




    モデル: ★★★★★
    縛り:   ★★★☆☆
    動き:   ★★★☆☆
    声:    ★★☆☆☆


    緊縛委員会

    続きを読む

    緊縛実験シリーズ ローター編 5

    ローター編5

    モデル:かな

    縛り方:高手小手縛り




    まずは後ろ高手小手縛りで縛られ、立った状態で股間のローターへの反応を見る実験です。

    今回は縛りの状態を見せる場面がなく、いきなりローターのスイッチONから始まります。



    弱→中→強とローターの強度が上がっていく度に、自由の利かない身体を捩(よじ)って、声をあげてしまいます。



    あまりの刺激(気持ち良さ?)に、ベッドに座り込んでしまう場面も。

    --------------------------------------------------------------------------------

    次はベッドの上で横になった状態でのローターへの反応を見る実験です。



    やはりローターの強度が上がると、モデルさんが体をくねらせ声を出します。

    かわいい声で「キュンキュン」言います。

    顔は少し困ったように眉間にしわを寄せて、仔犬のように「キュンキュン」言います。

    そして、腰がナニかを求めるような、若しくは透明人間とエッチをしているような動きをしています。

    とても気持ち良さそうで、うらやましい限りです。


    --------------------------------------------------------------------------------

    最後に、立った状態で壁まで移動し、壁を触ってベッドの横まで戻ってくるという実験です。

    もちろん膝と足首も縛られていますので、移動は大変です。



    自由にならない全身で、少しずつ移動していきます。

    このころになると、モデルさんの表情に疲れが出ています。

    最初はローターの刺激無し、そして次に弱での実験があります。

    その後、ローターの強度を中にしての実験…というところで、モデルさんが「んんんん~!」と言って頭を振り、切なそうな眼差しをします。

    結局その後、続行不可能だったのでしょうか映像は終了となります。

    珍しいラストです。


    --------------------------------------------------------------------------------

    総評:

    最初見たときは、息がしやすいように鼻の部分を切り取った猿轡かと思いましたが、猿轡が落ちないようにでしょうか、目の下にテープで猿轡が固定されているようです。

    この頃の実験堂さんの作品でよく見られる猿轡です。

    この作品のモデルさんは、結構、声を出すモデルさんです。

    私的には声をあげないモデルさんよりも、声を出してくれるモデルさんの方が見がいがあります。

    縛られての動きはそんなに激しくないのですが、腰の動きが時々エッチです(〃▽〃)

    また、衣装のミニスカートはショートパンツのようにも見え、ショートヘアーも相まってボーイッシュな雰囲気のいでたちです。

    ボーイッシュな女の子は私好みなので、モデルさんの評価が少し高目かもしれませんのであしからず。

    --------------------------------------------------------------------------------
    モデル: ★★★★☆
    縛り: ★★★☆☆
    動き: ★★★☆☆
    声: ★★★★☆

    緊縛委員会

    続きを読む

    緊縛実験シリーズ Report No.5

    No.5

    モデル:めい

    1. 一見すると縛られているのがわからない緊縛の効果の検証

    縛り方:縄を衣服で隠した縛り


    2. 緊縛状態での移動能力の検証

    縛り方:後手伸腕縛り+両脚揃え縛り


    3. 緊縛状態での正座能力の検証

    縛り方:後手伸腕縛り+両脚を揃えての膝曲げ固定縛り



    1. 一見すると縛られているのがわからない緊縛の効果の検証

    よく露出モノのビデオなどで、裸に亀甲縛りでコートを羽織り、人気(ひとけ)がない場所で縄で縛られた体を見せる…などはよく見ますが、拘束されてはいません。

    今回の「一見すると縛られているのがわからない緊縛の効果の検証」では、きっちりと後ろ手に拘束されているところが良いと思います。

    それと、猿轡の代わりにマスク着用です。

    実験には関係ありませんが、マスクの下にはきっちり詰め物がされているところが大好きです。

    また、女子高生風の制服もポイント高です。(私的に)


    ちなみに、服の下はこうなっています。


    下半身も太ももの上部を縛られています。


    この縛りの状態で、歩行制限効果、走行制限効果、足上げ・前蹴り制限効果、操作制限効果、縄抜け防止効果の5つの効果を確かめます。

    歩行制限効果と走行制限効果は、見た目が縛られているとは分かりませんし、下半身の拘束もそこまできついわけではないので、一見「マスクをして後に手を組んだお姉ちゃんが歩いたり走ったりしてる」としか見えませんが、「実は縛られているんだよな」と思うとテンションが上がります。


    足上げ・前蹴り制限効果は、このモデルさんが拘束されていなければどういう動きをするか分からないので、縛られていない状態での足上げや前蹴りをしてもらう比較実験が見てみたかったです。

    また、前蹴りは下段回し蹴りのようにも見えます。

    捕らわれて縛られた女子高生空手家が脱走中、敵に見つかりローキックで攻撃している…という設定はいかがでしょうか?


    操作制限効果は、ポケットの中の携帯電話を取り出して操作するという課題編でおなじみの実験で、縄抜け防止効果はその名のとおり縄抜けに挑戦します。


    --------------------------------------------------------------------------------

    2. 緊縛状態での移動能力の検証

    ベッドの上に横たわった状態から、少しはなれたソファー上の携帯電話を手に取り、操作するという実験です。


    ベッドから降りて、ソファまで立って移動するかと思いきや、床に座った状態で移動します。

    どうやら、膝は伸ばすことができない状態のようです。

    あいかわらず、実験堂さんの緊縛は厳重です。


    --------------------------------------------------------------------------------

    3. 緊縛状態での正座能力の検証


    ギチギチ緊縛状態から正座の体勢をとるため、モデルさんが頑張ります。

    あまり声を出さないモデルさんですが、「…んっ!」と言う声が聞けます。


    --------------------------------------------------------------------------------

    総評:

    久しぶりに発表された実験堂さんの動画です。

    待っていた方も多いのではないでしょうか。

    少なくとも私は待ち焦がれていました。

    「1.」は今までの緊縛動画には無い斬新さを感じましたし、「2.」「3.」の検証の縛りは、あいかわらずなギチギチの緊縛が見れました。

    「1.一見すると縛られているのがわからない緊縛の効果の検証」では、モデルさんがマスクをしていますので、マスクフェチの方にはたまらない画だと思います。

    今回は縛り方に後ろ高手小手縛りがないので、その点は後ろ高手小手ファンの私としましては少し残念でした。


    --------------------------------------------------------------------------------
    管理人おすすめ度:★★★☆☆


    緊縛委員会

    続きを読む

    HPのアクセス数

    だいぶご無沙汰のこのブログの更新ですが、HPの更新もご無沙汰しておりました。


    本業で忙しかったのが50%と、モチベーションの低下が50%です


    HPのアクセス解析を見てみたのですが、そんなに落ちてないというより、ほとんど変化がありません。


    ちなみに、私のHPの現在のアクセスはユニークアクセスが30~120/日、トータルアクセスが150~400/日くらいです。


    水曜日あたりが最もアクセスが落ち込み、土日にアクセスが多い傾向のようです。


    更新しなくてもアクセスが落ちないのは嬉しい事ですが、ほぼ毎日更新していてもアクセス数があまり変わらないというのは、少し悲しい気もします。



    今の現状ではあまりアクセス数の伸びが期待できないので、これからやろうと思っていることを書いてみます。


    ・独自ドメインを取得し、海外の有料サーバーにHPを移す。

    ・ブログページをホームページ風に改造し、そちらを本家にする。

    ・メールマガジンの発行。

    ・相互リンク先の開拓。


    結果をまたこのブログで報告してまいります。





    HP「身体拘束推進委員会」もよろしくお願いします。(18禁)




    緊縛実験シリーズ 猿轡編 2

    猿轡編 2

    モデル:りょうこ


    実験内容は、色々な緊縛&猿轡をされたりょうこさんが発声をしてどの程度声を出せるかを試し、それから猿轡を外すのに挑戦をするという内容です。

    ちなみに、猿轡はキネシオテープと白い布の組み合わせです。

    まず、猿轡をされてない状態で言葉を話します。

    話す内容は「あーーーー!今、猿轡をされています。これから外します。」

    少し微笑んで見える
    ところがツボです。

    モデルさんは、かなり短めのショートヘアーです。

    その後、キネシオテープだけの猿轡、詰め物+キネシオテープ、布噛ませ+キネシオテープ、詰め物+布噛ませ+キネシオテープの猿轡の計4回、猿轡をされては発声をして外す、を繰り返します。



    総評:

    少し調べてみたのですが、キネシオテープとは、スポーツなどで筋肉などを痛めたもしくは怪我防止のために貼るテープらしいです。

    ざっくり言うと、テーピングです。


    猿轡にテーピングテープを使うという発想がすごいと思います。

    また、その猿轡効果は抜群!

    猿轡編1と比べると、猿轡の外し難さがよく分かります。

    スポーツ用なのでちょっとやそっとの動きでは剥がれないノリが使ってあるでしょうし、伸縮性があるので舌ではずそうとしてもミョーンと伸びるだけです。


    肌から剥がれにくくてかぶれにくいノリ、伸縮性などを考えると、ガムテープより猿轡向きなテープだと思います。

    実用性の猿轡としては、猿轡の歴史を変える素材ではないでしょうか。


    それにしても、この外しにくい猿轡を必死に外そうと頑張ってくれるモデルさんには感服です。

    おそらく、猿轡編1からの連続撮影だと思うのですが、とても疲れたことと思います。

    お疲れ様です。


    緊縛された姿は、最後に見ることができます。

    少年のように短い髪、ボーイッシュな服装、猿轡を本気で外そうとする必死さ、
    私はこのモデルさん大好きです。


    モデル   :★★★★☆
    猿轡度   :★★★★★
    おすすめ度:★★☆☆☆


    緊縛委員会

    続きを読む

    プロフィール

    chuta

    Author:chuta
    動画のレビューをメインにやってまいります。

    スポンサー
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。