FC2ブログ
    援助交際めちゃはめムービー

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    緊縛実験シリーズ 課題編 2

    課題編 2

    モデル:さなえ

    課題 1:床に置かれた携帯電話を拾って操作せよ。

    課題 2:装着されたローターのスイッチを切れ。縄抜けを試みてもよい。




    課題 1:床に置かれた携帯電話を拾って操作せよ。

    課題1は、4つの異なる縛りで課題に挑戦します。

    まず最初の縛りは後ろ高手小手縛り+足首縛りです。

    実験とは無関係ですが、もちろん股縄もされています。

    床に寝せられた状態からけっこうあっさりと立ち上がり、跳んだりすり足で携帯に近づきます。


    そして携帯を取って電源を入れ、携帯に話しかけるモデルさんの「もしもし」という声が聞けます。


    2つ目の縛りは上半身は1回目と同じですが、下半身が足首に加えて膝下も縛られています。

    前回はあっけなく立ち上がりましたが、今回はなかなか立ち上がることができません。

    膝の縄の有無での拘束度の差が分かり、ためになります。(なんの?)


    3つ目の縛りは、お待ちかね(?)ホッグタイです。


    さすがに前回、前々回よりも、格段に移動しにくそうです。

    なんとか動こうと体全体を揺さぶりますが、スタート位置からなかなか動けません。

    いろいろと動いているうちに、仰向けになってズリズリと足を使って少しずつ移動していきます。

    携帯電話の近くまできても、なかなか携帯を手にすることができません。


    最後4回目の縛りは、胡坐縛りです。

    お尻で歩くような感じで移動していきますが、胡坐縛りで移動する状況は初めて見ましたが、一見の価値があると思います。

    そして携帯の近くまで来て、縛られた後ろ手で携帯を取ろうと頑張っているところで事件が!

    バランスを崩して後ろにひっくり返りそうになってしまいますが、壁に寄りかかることで後ろにひっくり返ることは回避。

    しかし、胡坐状態で縛られているため大股開き状態に!


    その後しばらくその状態で体や足をモゾモゾと動かしますが、課題はこなせるのでしょうか…




    課題 2:装着されたローターのスイッチを切れ。縄抜けを試みてもよい。

    縛りは、後手伸腕縛り+両足縛り(膝・足首)です。

    後ろ手は、手首より結構上を縛られています。


    股間には股縄+ローターで、ローターのスイッチは体の前方ヘソの下あたりに付けられています。


    寝転んだりベッドの縁に座ったり、時には立ち上がったりしてなんとかローターのスイッチを切ろうと頑張ります。


    縄抜けをしない限りローターのスイッチには手が届かないと思うのですが、このモデルさんは後ろ手でローターをはずそうと試みます。

    その際、股間をまさぐっているように見えていい感じでした。


    声をほとんどあげないモデルさんなので、感じているかどうかは判断しづらいのですが、たまに腰がビクンと動くときがありますので、少々は感じているように見えました。

    そして、終盤では体を前傾させ、太ももの内側でスイッチを挟んで、体を起こしてスイッチをはずそうとする作戦に出るモデルさんですが、成功するや否や!




    総評:
    今回のモデルさんも美人さんです。

    実験堂さんは、こんな美人なモデルさんをどこから次々とゲットしているのでしょうか?


    胸は普通より少し小さめだと思います。私好みです。


    課題1の猿轡は「息がしやすいように鼻の部分が切り取られているのかな?」と思っていましたが、実際は猿轡が下に落ちないようにテープで留めてあるようです。



    課題1は縛りのバリエーションが多いので、見ごたえがあります。

    また課題2では、モデルさんが声をあまり出してくれないのは残念ですが、すごく動いてくれるので緊縛状態の動きが楽しめます。




    モデル: ★★★★☆
      縛り: ★★★★☆
    オススメ度: ★★★★☆
      動き: ★★★★☆


    HP「身体拘束推進委員会」もよろしくお願いします。(18禁)



    緊縛委員会

    続きを読む

    スポンサーサイト
    [PR]

    [PR]

    緊縛実験シリーズ 課題編 1

    課題編 1

    モデル:ゆきな

    課題 1:課題:スカートのポケットから携帯電話を取り出して開け。縄抜けを試みてもよい。





    まず、縛られていない状態で女子高生の制服姿を1回転して見せてくれます。

    猿轡はされていますのでよく聞き取れませんが「スカートのポケットの中の携帯電話を操作します」と言います。

    そして、縛られていない状態で携帯電話を取り出して開きます。



    その後、画面が暗転して縛られた姿が映し出されます。


    今回の縛りは、飾り縄のついた高手小手縛りに、両足は膝を曲げた状態で片足づつ、足首と太ももを縛られています。




    後ろ手の縛りは、携帯を取り出すのに少し動かせるようにでしょうか、手首と肘の間辺りを縛られています。



    実験が始まるとスカートのポケットの中に入った携帯を取り出そうと試みます。

    今回は課題はこの一つのみで、ポケットの携帯を取り出そうと、ベッドの上で起きたり寝転んだりと体勢を変えながら、懸命に挑戦してくれます。

    途中でパンツが見えるのもお構いなしに股を開く場面には驚きました。





    総評:

    モデルさんの顔は猿轡で全体は見えませんが、すごく美人さんだと思います。



    もがく声をほとんど聞くことができなかったのが残念です。

    その分、ギシギシという縄の軋(きし)む音は良く聞こえます。



       モデル: ★★★★★
        縛り: ★★★★☆
    おすすめ度: ★★★☆☆

    緊縛委員会

    続きを読む

    緊縛実験シリーズ 課題編10

    課題編10

    モデル:なお

    課題 1:スカートのポケットから携帯電話を取り出して操作せよ。縄抜けを試みてもよい。

    課題 2:携帯電話を操作せよ。



    まず課題1の縛りは、飾り縄のついた高手小手縛りに両足揃え縛りです。
     

    相変わらず、厳重かつ美しい縛りです。

    実験が始まるとスカートのポケットの中に入った携帯を取り出そうと試みます。

    ちなみに携帯電話はスカートの左ポケットに入っており、後ろ手に縛られている右手で携帯を取り出そうとしています。

    なんとか手探りで携帯を探し当てると、電源を入れ助けを求めて携帯に話しかけます。

    今回は携帯に向かって話す時間が、かなり長めに撮られています

    例によって猿轡をされていますので、なんと言っているかは聞き取りにくいのですが、そこは見る側の想像力の発揮しどころです




    次に同じ課題ですが、今回はボクらの味方ピンクローターが装着&始動されます。

    縛りは1回目と変わりませんが、モデルさんの髪がすごく乱れています


    たぶん、前の課題から連続の撮影なのでしょう。

    課題が終わってホッとしたのも束の間、縛りを解かれることもなくローターを取り付けられるモデルさん…

    う~ん、1度撮影現場を見学したいものです。

    いや、見れないからこそ良いのでしょうか?


    縛りの披露が終わった後、ベッドの上に寝転んだモデルさんの股間に実験堂さんの手が伸び、ローターのスイッチをオン!


    ローターのスイッチが入ったとたんに、モデルさんは眉間にしわを寄せ、縛られた全身をくねらせて悶え始めます

    実験が始まりスカートのポケットの中にある携帯を取り出そうとしますが、「キュンキュン」と言ったり、泣きそうな声を出しながら頭をイヤイヤと振ったり、揃えて縛られている両足をバタバタと動かします。

    後ろ手に縛られた携帯を取り出そうとする手も、焦るばかりでなかなかポケットを探し出せません。

    そうこうしながらやっと取り出した携帯が手からこぼれてしまうと、再び泣きそうな声をあげてしまいます。

    モデルさんのもどかしさが伝わってきます。

    その後なんとか携帯の電源を入れて、携帯に向かって助けを求めます。


    じっとしていた方がローターは感じるのでしょうか?

    携帯を取ろうと動いている時よりも(助けを求めている時の方が)気持ちが良さそうで、携帯に向かって助けを求めながらも、感じてしまい「ンッ!」と言ってしまう場面も(〃▽〃)ポッ



    課題2へ移ります。

    右足のソックスの丸まり具合から判断すると、モデルさんは課題1からずっと縛られっぱなしのようです。


    課題2はベッドに寝た状態からスタートし、少しはなれたソファーの上にある携帯を操作するというものです。

    実験がスタートすると、モデルさんはローターの刺激で悶えながらもなんとかベッドの端に移動し、床に降り立ちます。

    膝・足首はもちろん足の甲まで縛られているので、ソファーまでの移動も一苦労です。


    その後、ソファー上の携帯を手にして電源を入れますが、皆さんもご経験があるのではないでしょうか?

    電源を押しても、携帯はすぐには起動しません

    その間「早くついてよ~」と言いたげに、足をパタパタさせるモデルさんがかわいいです。

    なんとか電源が入ると、ソファーに寝転んで携帯に助けを求めます。


    ローターに感じて時々体をビクッとさせながら、半ベソの様な声で助けを求めるモデルさんがとてもかわいくて、ずっと見ていたい気分になります。



    総評:

    モデルさんの顔はよく見えませんが童顔っぽく、女子高生風の制服が良く似合います。

    内容はローター編と言っても過言ではないほど、ローターの存在が浮き立つ作品と言えます。

    ちなみに、この作品以降は、「~編」とういう分類ではなく「Report No.~」という表記に変わるとのことです。(解像度もmpg1からWMV9となり、画質が良くなりました。)


    縛りは1種類だけで少し物足りない感もありますが、モデルさんがかなりもがく課題を3回、ずっと同じ縛りで通してそれでも緩むことがない緊縛は、実験堂さんならではだと思います。

    また、モデルさんがずっと縛られっぱなしというのを考えて、モデルさんの心理を想像してみるのも、興奮できる要因ではないでしょうか。



      モデル: ★★★★☆
        縛り: ★★★★☆
    おすすめ度: ★★★★☆


    緊縛委員会

    続きを読む

    緊縛実験シリーズ 課題編 8

    課題編 8

    モデル:えり

    課題 1:床に置かれた携帯電話を拾って操作せよ。

    課題 2:ベッドの上に置かれた携帯電話を拾って操作せよ。



    まず課題1の縛りですが、飾り縄のついた高手小手縛りに両足揃え縛りです。

    ベッドの上から床に置かれた携帯のもとへ移動します。

    その際、ピョンピョンと元気良く飛んでいきます

    元気な感じがして、かわいいです。


    携帯のところへ到着すると、縛られたままの後ろ手で携帯を取って電源を入れ、再び床へ落とします。

    そして自分も床に転がり、猿轡をされたまま携帯へ話しかけます

    「助けて下さい!」以外はなんといっているのか良く聞き取れませんが、高くてかわいい声のモデルさんです。




    次に上半身の縛りが後ろ肘縛りに変わり、お待ちかね(?)ローターが装着され、スイッチが入れられます。

    ローターのスイッチを入れる場面もありますが、モデルさんの反応が良いです。

    スイッチオンの際に体が「ビクッ!」と動いてしまい、課題が始まってからもしばらくはベッドの上で悶えています


    ベッドを降りて、床の上に置かれた携帯まではやはりジャンプで移動するのですが、先程よりも小刻みジャンプで「ンッ!ンッ!」と言いながらジャンプをしていきます。

    そして携帯を手にして電源を入れ、携帯に向かって話しかけるのですが、相変わらず何を言っているのかは不明です。

    もっとも、はっきり聞こえては猿轡の意味が無いのですが…。




    次に、もう一度先程と同じ縛りで同じ課題に挑戦です。

    違いは、実験堂さん初の試み、ローターが変わっています!

    …先程とほとんど変わりはありませんが、小刻みジャンプにキレがあります

    ただ、ジャンプにキレがあるということは、あまりローターが効いていないのかも知れません…




    次の課題2へ移ります。

    課題2は床の上からスタートしてベッドの上の携帯を目指します。

    縛りは後ろ肘縛りと足は両足を揃えて縛った上に、膝を曲げた状態で固定されています。

    ローターは付けられてはいますが、スイッチは入っていないようです。


    最初はベッドのそばまで、ゴロゴロと転がっていきます。

    そしてまずは足からベッド上へ登ろうと試みます。

    最初は「そりゃ無理だろう!」と思って見ていたのですが、このモデルさんは結構ガンバリ屋さんで、ほぼ逆立ち状態のようなアクロバチックな体勢を見せてくれ、「ひょっとするとイケるんじゃないか?」と思わせてくれました。


    結局、足から登る作戦は無理と悟ったモデルさんは、「上半身から作戦」に切り替えますが、その際にバランスを崩して頭をぶつけてしまいます。

    頭をぶつけて「ゴッ!」という音がしますが、何事もなかったようで幸いです。

    そんなことがあっても、めげずに「上半身から作戦」を続けますが、また転倒してしまいます

    今度は頭を打たなくて一安心。

    倒れる際に「ンッ!」という声も聞けます

    その後、最終作戦「ベッド横の壁使い作戦」を試みますが、成功するのでしょうか!?




    総評:

    胸は小さめというか、ペッタンコのモデルさんです。

    髪はかなり長いロングヘアーで、がんばって動いてくれるモデルさんということもあり、課題中は長い髪を振り乱して課題に挑戦します。

    また、これまでの実験堂さんのモデルさんの中では最も細いモデルさんだと思います。

    そのせいで、縛りがいつものようにギチっとキマッて見えないのが残念なところです。

    あまり細いモデルさんだと、緊縛がキマらないのだと分かります。


    見所はモデルさんの高い声と、ピョンピョンと跳んで移動するさまがかわいいです。

    貧乳&ロングヘアーがお好みの方には、ポイントが高い作品かと思います。




    モデル: ★★★☆☆
    縛り: ★★☆☆☆
    おすすめ度: ★★☆☆☆

    緊縛委員会

    続きを読む

    緊縛実験シリーズ 課題編 7

    課題編 7

    モデル:めい

    課題:携帯電話を操作せよ。



    今回の課題はシンプルに一つ「携帯電話を操作せよ」。

    最初の縛りは後手縛り+両脚揃え縛り+股縄。


    特筆すべきは、膝と足首のみならず足の甲まで縛られており、足の自由はかなり利かないと思われます。

    実験堂さんの作品ではたまに見られる縛りですが、足の甲まで縛られているモノは他の動画ではほとんど見たことがありません。


    さて課題ですが、ベッドの上から床に降り立つと、立った状態で離れた床の上に置いてある携帯へ進みます。

    前述のとおり、足の甲まで縛られていますので、ごく短いストロークのすり足や、つま先を軸にして踵(かかと)を前方へ回転させるような動きでジリジリと携帯へ近づいて行きます。

    かなり不安定な体勢で、もしも転倒してしまったら受身を取れるわけはありませんので、大理石(と思われる)の硬い床で頭を打ってしまうのではないかとハラハラしました

    その後、無事に携帯へたどり着き電源を入れて床に転がし、自分も床に寝転がります。

    そして携帯電話へ話しかけます。

    猿轡をされて話しますのではっきりとは聞き取れませんが「もしもし。縛られてるの。縛られて、携帯電話をさわっています。助けて下さい。」と言っているようです。



    次は縛りを変えて同じく携帯電話を操作するという課題に挑戦です。

    縛りは前の縛りに縄が足され、足の甲と手首が縄で繋がれた逆海老縛りになります。


    床の上に寝かされた状態からスタートし、ベッドの上の携帯電話を目指します。

    最初はもぞもぞとなんとか動こうとはするのですが、スタート位置からなかなか動けません

    それでも、転がったり、あまり動かせない足をなんとか動かして少しづつベッドへ近づいて行きます。

    なんとかベッドの下にたどり着くものの、「どうしよう?」と考えているのでしょうか、ベッドの上をしばらく見つめて動きが止まってしまいます。


    その後、上半身を起こそうとしてみたり、縛られた後ろ手でベッドのシーツを引っ張ってみたりしますが…

    結果よりも過程が見所なのですが、結果は実際に見てからのお楽しみということで。



    次にまた縛りを変えて、同様の課題の実験です。

    縛り方は、最初の縛りの膝と首が繋がれ、すなわち後ろに手を回した体育座りの様な状態で縛られています。


    その状態で、ソファーの上に置かれた携帯電話を取って操作するという実験です。

    ソファの高さは、ベッドより若干低いといった高さです。

    実験が開始されると、お尻を左右に振りながら前進してソファへ近づきます。

    不自由な状態で一生懸命に動こうとする女の子は、かわいく見えます(〃▽〃)ポッ

    なんとかソファの横まで来ると、比較的自由な足を使ってソファー上の携帯電話を取ろうと足を上げます。


    しかし、足に自由を与えた実験堂さんの計算でしょうか、足を上げたことでバランスを崩し、まず後ろへ転んでしまい、次に横倒しになってしまいます。


    そこからは、起き上がることもままならず、縄抜けを試みたり横倒しのまま再び足で携帯を取ろうとしてみたりしますが…

    結果は実際に見ていただきたいと思います。


    総評:

    胸は小さめのモデルさんです。

    顔は例によって猿轡ではっきりとは見えませんが、目と鼻のみから想像するに美形のモデルさんと思われます。

    モデルさんが懸命に動いているときに聞こえる「ミシミシミシ…」という縄の軋(きし)む音が心地よいです。

    また、あまり声を出すモデルさんではないのですが、たまに聞こえる「うっ!」、「ううっ!」という声が聞ける部分を、何度も再生してしまいました(〃▽〃)ポッ

    一番の見所は、今までの課題編(1~6)にはない、電源を入れることに成功した携帯に猿轡をされたまま話しかけるというところではないでしょうか。
    (この課題以降の作品には、時々同様のシチュエーションもあります。)

    モデル: ★★★★☆
      縛り: ★★★★☆
     内容: ★★★☆☆

    緊縛委員会

    続きを読む

    プロフィール

    chuta

    Author:chuta
    動画のレビューをメインにやってまいります。

    スポンサー
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。