FC2ブログ
    援助交際めちゃはめムービー

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    実験堂作品販売について

    近頃よくお問い合わせをいただくのが「実験堂作品は今どこで販売されてますか?」という内容です。

    「実験堂」さんの作品販売につきまして、申し訳ございませんが私は把握しておりません。
    実験堂さんのホームページにて再販情報が出るのを待っていただくしかないかと存じます。

    たま~に「実験堂の作品を売ってください!」とか「下さい!」とか言われますが、法律的にも倫理的にも反しますので、丁重にお断りさせていただいております。

    実験堂さんに限らず、作品はいつ販売停止になるか分かりませんので「迷ったら即買!」とまでは言いませんが、永久に販売され続ける作品なんてないと思いますので、販売がなくなって後悔しないかどうかを考えて購入するかどうかを判断していただくのが良いかなぁ~と思う、今日この頃です。

    実験堂
    緊縛委員会
    ぎちっ!!
    スポンサーサイト
    FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
    稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
    [PR]

    拘束衣を作ってみよう -9- もうひと工夫

    前回完成した拘束衣に、もうひと工夫。

    二の腕部分にベルトを通すストラップをつけ、ベルトで拘束できるようにしてみました。

    これで、少し拘束感が増すはず!?

    ninoude-belt.jpg

    二の腕拘束用のベルトは、110cmの作業用ベルト(100円ショップより購入)。

    細身のなおさん(158cm、48kg)で、ギリギリの長さでした。

    jisakusj-front2.jpg


    jisakusj-side2.jpg


    jisakusj-back2.jpg

    感想を聞いてみたところ、少し拘束感が増したようです。

    今度、脱出に挑戦してもらうと思ってます(〃ω〃)

    緊縛委員会
    ぎちっ!!

    拘束衣を作ってみよう -8- 完成

    前回までで、ようやく服の形となったものになった自作拘束衣。

    現在の状態はこちら。

    housei-front1

    袖のすごく長い割烹着です。

    ちなみに後ろはこんな感じ。

    housei-back




    今回、拘束用のベルトを付けていよいよ完成です。
    まずは後ろを止めるベルトを付けます。
    材料は、キッズ用のベルトです。
    設置位置を調節します。

    IMG_2107.jpg

    まず、一つ縫い付けてみました。

    IMG_2109.jpg

    IMG_2111.jpg

    良い感じに見えますが、どうでしょう?

    全部で3つ、付けてみました。

    IMG_2114.jpg

    IMG_2115.jpg

    着脱もDカンよりもしやすいような気がします。




    次に股の下のベルトを取り付けます。

    IMG_2119.jpg




    次に片手ずつ頭を抜けれないようにする前のストラップを取り付けます。

    IMG_2121.jpg




    そしてここから、ひと工夫。

    後ろ手にも拘束できるように、後ろにも腕抜け防止用のストラップを付けました。

    前後ろ反対に着るとどうしても首回りがきつくなってしまうので、後ろにストラップを付けてみようと考えてみました。

    IMG_2122.jpg




    そして最後に、袖のベルト。

    こちらが一番重要な拘束ベルトで、脱ごうとする際に最も大きく力が入るところと思いますので、
    Dカンにしようかとも思いましたが同じキッズ用のベルトを取り付けてみました。

    IMG_2125.jpg

    前から見るとこんな感じ。

    IMG_2129.jpg




    ようやく完成!

    通常の着用。

    自作拘束衣 前1

    自作拘束衣 横1

    自作拘束衣 後ろ1




    後ろ手仕様。

    自作拘束衣 前2

    自作拘束衣 後ろ2




    ようやく完成した自作拘束衣。

    いかがでしょうか?

    次回、さらに思いついたもう一工夫と、作製にあたっての感想や反省点を書こうと思います。

    緊縛委員会
    ぎちっ!!

    拘束衣を作ってみよう -7- 縫製

    いよいよ、縫製です!

    型紙から切り出した生地を縫い合わせていきます。
    ようやく服としての形を成すかと思うと、長い工程でした。

    まず、端を処理します。
    マチ針で止めても良いのでしょうが、お手伝いしてくれてる「なおさん」が100円ショップの文房具コーナーから探してきたという、クリップで縫いシロを止めました。

    housei-1crip

    本当はアイロンを当てると綺麗にできるのでしょうが、アイロンでの処理は割愛しました。

    いよいよミシンの出番です。
    ちなみに、縫ってくれているのはなおさんです。

    housei-2hasisyori

    次は、前身ごろと後ろ身ごろを待ち針で止めて、ミシンで縫います。

    housei-3migoro-matibari

    housei-4migoroi

    次は、必要か不要かわかりませんが、割烹着の型紙に載っていたのでついでに作ってみた襟回り。

    housei-5eri1

    housei-6eri2

    後から判明したのですが、なおさんが言うところによりますと「縫うのが一番大変だった!」とのことです。
    「…不要だったかな?」と思ったのは、なおさんには秘密です。



    次は一番巨大かつ拘束衣として重要なパーツ、「袖」の縫い付けです。

    housei-7sode

    生地を広げてみると、両手を大きく広げた人形のような形になりました。
    上の方の頭みたいなのが前身ごろ、下の足みたいになっているところが後ろ見ごろ、広げた腕のようなところが袖部分です。

    そして、袖を縫っていきます。

    housei-8sodenui

    前身ごろと後ろ身ごろの脇の下部分を縫って、服の形になりました。

    housei-9

    housei-front1

    housei-back


    予想以上に袖が長かったです。
    割烹着の型紙のため、前身ごろと後ろ身ごろがゆったりとした作りで、少し大きめだったのかもしれません。

    今回はここまで。
    次回は拘束するためのベルト類を付けていこうと思います。

    緊縛委員会
    ぎちっ!!

    拘束衣を作ってみよう -6- 生地の切り出し

    今回は、前回作製した型紙を元に、布を切り出す過程です。

    kiridasi-tool

    1.待ち針で布と型紙を止めて

    2.チャコペン(布用の色鉛筆?)で型を布に描いて

    3.縫いシロを描いて

    kiridasi-mae-usiro

    4.2枚必要な部分はチャコシートで2枚目の布にも型と縫いシロを描いて

    kiridasi-chakopen

    5.生地を切り出す

    kiridasi-cutter1


    kiridasi-cutter2

    という手順です。

    お手伝いしてくれている「なおさん」によりますと、一番大変な工程とのことです。

    慣れていないということもあるかとは思いますが、確かに大変で半日かかりました。

    が、なんとか切り出し完了。

    下の写真は、一番巨大な袖部分の布です。

    kiridasi-sode

    緊縛委員会
    ぎちっ!!
    プロフィール

    chuta

    Author:chuta
    動画のレビューをメインにやってまいります。

    スポンサー
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。